これから手帳に絵を描くよ!色鉛筆のシャーペン「マルチ8」を買った話

Pocket

うちの12歳の娘は絵を描くことが大好きで
暇さえあればいつでも絵を描いています。

先日彼女の色鉛筆を借りて、下手ながらもちょっと絵を描いてみたら
色鉛筆のやわらかい感じがとっても心地よかったんですよね。

私はこの1年、手帳と一緒に0.3ミリのカラーペンを持ち歩いていました。
細かい字を書くには0.3ミリは最適だったし
ちょっとお絵かきしたい時に、1本に4色入っているのは重宝するから。

でも、娘の色鉛筆を使った時の心地よさを思い出して
「この4色ペンと同じような色鉛筆バージョンがあったらいいのに」
なんて考えるようになりました。

 

色鉛筆のシャープペンシル

そんなこんなで検索してみたら、ありました!

色鉛筆のシャープペンシル。
しかも8色が1本になっているもの!!!

夢がふくらむ~^^
と言うことで、すぐに注文してみましたよ。

届いたのがこちら。

シャープペンシル マルチ8セット

定価3,240円ですが
私は2000円くらいで購入しました。

 

 

スマートなボディなのに8色使える

 

まず驚きなのが、スマートなボディ。

これ、普通のボールペンやシャーペンともかわらない細さでとても持ちやすいです。
この中に8色の替え芯が入っているというのがビックリ。

ごん太だったら手帳と一緒に持ち歩くのには不便だし
かと言って細くても色数が少なかったら楽しくない。。。

両方を兼ね備えている優れものです。

この、マルチ8は1日1頁手帳でも有名な「ほぼ日」さんのサイトでも紹介されているお墨付き色鉛筆♪

ほぼ日手帳を使う方々は、イラストを日課にしている方がとても多いので
このマルチ8のようにいつでも手軽に色を楽しめる1本は使い勝手が良いのだと思います。

 

2色はノンコピー芯

 

カラー芯は、しっかりとした太めの芯で
描き心地はふわっとやわらか。

まさに、娘の色鉛筆を使った時と同じ感触です。

ずっと昔に、0.5のシャーペンのカラー芯と言うものを使った事があったのですが
あれは、硬くて使いにくいし、なんといっても色が薄くて見にくかった…

でもこのマルチ8は鮮やかな発色で、お絵かきが楽しめそうです。

うーん、とは言え黄色は少し見にくいかも。
まぁそれは普通の色鉛筆でも同じですね^^;

8色の内訳は

赤・緑・青・黄・茶・橙の6色と
PPCノンコピー(水色)
シアゾノンコピー(ピンク)

PPCノンコピー芯というのは、白黒コピーをした時に写りにくいもの
シアゾノンコピー芯というのは青焼きコピーにうつらないものです。

青焼きコピーと言うのは、昔の製図などにあった青い印刷物のこと。
最近ではあまり見ない気がします…

簡単に言えば、ノンコピー芯は書き込んだ時には見えるのに
印刷すると見えない仕様と言うことです。

使い方は簡単。

カチカチと使いたい色のところにクリップ部分を移動させ
ボディを下に向けてノックすると、スーッと芯がでてきます。

使ったら、ノックしたままボディを逆さまにすればまた元通り。

単純でシンプル。
だからこそ使いやすい設計です。

 

 

絵は下手だけどこれから使う!!

 

替え芯と削り器もついたセットです。
私はひとから驚かれるほどの絵心皆無の人間ですが
これからこのマルチ8を使って
絵を描いていきます~!!!

早速描いてみた^^

絵が上手な娘に見せたら

「マルチ8の文字が色を重ねすぎててウ○チみたいな色になってる」

と怒られました…

色をお見せしたくて描いたのに…w

三日坊主になりませんように。。。

そして、娘にマルチ8をとられませんように。

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です