整理収納アドバイザーさんに家に来てもらい汚部屋の片付けをしました

Pocket

我が家のリビング。


私が好きな色のダークブラウンで家具をそろえて、共働き&保育園児がいる家にしてはまぁソコソコきれいに暮らしているんじゃないかと自分で思ったりしているのですが…

実は、このリビングから後ろに振り返ると…
和室はこんな汚部屋です!!!!

収納家具からあふれ出したおもちゃ
片付けられていないペット用品
畳む時間が取れなくて放置されている洗濯物

リビングから丸見えのこの部屋をどうにかしなくちゃいけないと思いながら月日が経ち、結局どうする事もできなくて悩んでいました。
掃除をしていらないものを捨てたりもしていたのですが、それだけでは全然状況が変わらず。

そこで行き着いたのが、お金を払って片付けることでした。
ネットで調べてこれだ!と思ったのが『整理収納アドバイザーさんのお片づけ』

ブログを書いている方で、絶対この人に片付けを一緒にやってほしい~!!
と思える方を見つけたのです。

魅力に感じたポイントは
・before&afterの写真がわかりやすかった
・かなり散らかったお部屋も綺麗にしている
・ご本人が『掃除が苦手』『以前は片付けが苦手だった』と書いている

頼れる気がしました。

 

汚部屋の写真を何枚も送信

お願いしたのは、整理収納アドバイザー1級の堀内さんです。

https://ameblo.jp/rgrass
堀内さんのブログ

予定が決定してから、私は部屋の写真を何枚もLINEで送信しました。

・お片づけをお願いしたい和室の惨状
・その和室の鬼門となる押入れ
・関係ないウォークインクローゼットの中

いろんな角度から撮影して、この部屋の事やこの家の事、そしてガサツな私の性格もわかるように、しつこいくらいに写真を送りました(笑)
(後日『写真をたくさん送ってくださったのでイメージしやすく当日すぐに作業に入れました』と仰っていただけました)

堀内さんからは『ここの箱には何が入っていますか?』『この引き出しは誰のお洋服ですか?』『クローゼットの中は何が置いてありますか』などなど、一生懸命考えてくださっているんだな~といった感じのお返事や質問のLINEが。

文字でやりとりしているうちに、不思議なものでなんだかカウンセリングを受けているような気持ちになってきました。
私の中で、部屋が散らかっているのはとてもストレスで、そんな自分がとてもイヤで負い目に感じていたので、それを全部正直にありのままに話せる相手が出来た事が精神衛生上とても良かったのだと思います。

あと、ただ愚痴るのではなくて、全てが『解決』につながっている事も気持ちがスッキリしていく要因でした。

 

作業当日。テキパキとまずは押入れの中から

我が家に朝10時に来てくれた堀内さんは、サッとエプロンをつけてすぐに作業に。

まずは押入れ全部出し!!!

このただ押し込んでいるだけの押入れから荷物を全部出して、『いる』『いらない』『捨てないけど今は使わない』『思い出』などの仕分け作業をしました。

全部出したところ

仕分け作業をするのは私です。
もし捨てられないものがあっても、堀内さんは『捨てないけど今は使わない』ものとして、配置を考えてくれるところが救われます。

仕分け終了後、テキパキと上の奥の方に『思い出』や『捨てないけど今は使わないもの』を入れて行く堀内さん。
手の届くところには、使う頻度の高いものや外に出しっぱなしになっていたペット用品を収納。

ここで、堀内さんから
『お仕事していると洗濯ものを畳む時間が取れなくて大変ですよね。掛ける収納を押入れに作るなんてどうですか?』
と、ビックリな提案が!!

しかも
『私、実は突っ張り棒持ってきてるんです。奥様がよろしければどうでしょうか』と!!!

ハンガー干しの洗濯物を畳まずそのまま収納するのは私の憧れでした。
でも、そんな大改造この汚部屋で出来るわけもなく、忙しい時は洗濯物をたたまず溜め込んでました。
その洗濯物の写真も事前に堀内さんに送っていたので、考えてくれていたようです。

下に敷いていたすのこを両サイドに立てかけ、そこに突っ張り棒を渡す。


すのこの出っ張りがストッパーになって、洋服をたくさんかけてもずり落ちない仕様にしてくれました。
(突っ張り棒ってどうしても長く使っていると落ちてくるのだそうです)

 

華麗なDYIとシンデレラフィット

素敵なハンガー収納が出来上がった後、その収納の奥のスペースの事で堀内さんがかなり悩む時間がありました。

『適当でいいですよ』と言おうかと思ったのですが、押入れの前に立ってとても真剣にだまって考えてくださっている姿を見て『妥協せずに本当に真剣にやってくださっているんだな』と思い言葉をかけるのはやめました。
『適当でいいです』なんて言ったら逆に失礼になる気がしたからです。

その後、こちらに振り返って堀内さんが言った言葉!!!

『残ったすのこを切って棚を作ってみてもいいですか!!』

突っ張り棒に続くこの日のビックリ第2弾です。
棚って…と驚く私に『実は棚板持ってきてるんです!』と(笑)

もちろん、大感謝しながら全てお願いしました。

その後は早い早いw

すのこを庭でカットして
(見つめる息子w)

電動ドリルで棚板をつけて

設置!!!


棚の上に収納が出来たし、下には家族のアルバムが入りました!!!

しかも、シンデレラフィット!!!!
こんな作業までしてくれるなんて、思ってなかったので驚きです。

そういえば、この日私何度も『シンデレラフィットだ』と叫びました(笑)
資格を持ったプロだからなのか、元々の才能なのか堀内さんは『ここにこれが入る』『ここには入りきらない』その判断が早くて正確なんです。

ひょいっと入れてみたものが、シンデレラフィットだったりするので、見ていて気持ちが良くてテンションが上がりついつい叫んでしまいました。
そして、そういう時堀内さん自身も『今日は冴えてるな~』と驚いているのもまた楽しかったです^^

 

その他、整理収納アドバイザーさんの指導のもとやったこと

押入れの中の引き出しには、6歳息子の洋服を入れていたのですが、子供には『押入れを開けて』『引き出しをひっぱり』『服を出す』という作業が大変だということで、私の洋服が入っていたチェストに息子の服を入れ、私のものを押入れに入れました。

おもちゃは堀内さんが『○くん、これいる?』などと声掛けして仕分けをしてくれました。息子はリビングでゲームしながら『それいるー』『それいらなーい』と答えるだけです(なんて失礼な態度の息子!)

地袋の中は不要な物を捨て、スキー用具を収納。

長年絵本入れに使っていたみかん箱(笑)は処分して、


本は本棚に(この当たり前が出来なかった!泣)

木製キッチンは息子がまだ捨てたくないと言うので、押入れの左奥に言われたらすぐ出せるように収納(たぶんそのうち忘れてくれるw)

処分おもちゃはリサイクルショップへの持込も少し考えましたが、私がせっかちな性格なのでめんどくさくてその日のうちに捨てました。
大きなものは、その日のうちに粗大ゴミの申し込みをして、数日以内に取りに来てもらいました。

鉄は熱いうちに打て!の心です。処分の勢いがついた時にやったほうがいいです。

細かな作業はこんな感じです。

大きなゴミ袋に合計8袋(写真は6袋)のゴミを捨てました。

 

 

かかった費用とその後について

beforeとafterはこんな感じ。

before

after

おもちゃ周り

before

after

 

押入れの中
before

after

 

DIYまでしてくださって、時間は予定通り4時間きっかりで終了でした。

費用は1時間3000円にDIYの材料費
(DIY作業工賃なし!基本的にDIYは2回目以降のお客様のみ)

3000円×4時間=12000円
突っ張り棒(ニトリ)749円
棚板 200円

合計12949円でした。

この部屋のその後ですが、お片づけリバウンドも全くなく綺麗なまま過ごせています。

私がいつもためていた洗濯物は、ハンガー収納がとってもラクチンでたまる事がなくなりました。
息子は見やすくなった本棚から自分で本を選んで読んでいます。
部屋のスペースが広くなって、夫は筋トレがしやすくなったようです。
猫はごろーんと横になってます。
私はユーチューブを見ながらヨガをするスペースが出来て嬉しいです。

なんと言っても
いつでも人を呼べる部屋になりました

これが一番嬉しい!!!

長年の悩みが4時間13000円で解決して幸せです。
堀内さんに来ていただいて本当に良かったです。

今度はうちの『汚ークインクローゼット』をお願いしたい~^^

これは以前の私のツイートです。
自己肯定感上がりまくっています。

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です