中学1年娘のDIY サイドテーブル

Pocket

この週末は3連休でしたが、特に予定の無かった我が家。
DIY大好きな中学1年生の娘が、お庭でとってもオシャレなサイドテーブルを作成しました。

じゃーん!!!

こちらは、DIY家具のめいくあーきさんのもので
実はサイドテーブルではなく、大人椅子という商品。

大人椅子

大人が座るための椅子なのですが、
ソファの近くに置けば、高さも大きさもコーヒーを飲むのにピッタリ。

こんなにオシャレなのに、土曜日の部活から帰ってきた娘が
午後の数時間で作り上げたので、全く難しい作業はありません。

梱包を開くとこんな感じ。

パズルのようにパーツがくりぬかれた板が2枚入っていました。

その他、ねじが5本と紙やすりが2枚も入っています。

自分で用意するものはこちら。

・のこぎり
・ねじまわし
・キリ

我が家は、天板をブラウンにしたかったので、自宅にあったオイルステインも使いました。

わかりやすい手書きの説明書がついていますので、DIYに慣れていない人も安心してトライできます。

我が家は、まず、天板となる二つの丸いパーツの色塗りから始めました。

中学1年のお姉ちゃんが塗っているのを、興味深く見ている6歳息子。

塗り終わった面がまだ乾いていなくても、くりぬいていないので板ごと立てて手を汚すことなく裏面も塗ることができました。
6歳の息子もお手伝い。

この後は、のこぎりでパーツをはずしていきます。
板とつながっている部分はわずかなので、のこぎりの作業がしんどくないのも嬉しい!!

全部はずし終わりました。

そして、パーツをはずすときに出来た出っ張りをやすりで綺麗にしていく作業。


これを『バツ取り』と言うそうです。
ガンプラとか作る人にはお馴染みのワードなのでしょうか。。。

バツ取り後は、ほかの部分もなめらかになるように丁寧にやすりがけしました。

そして、最初に塗った天板のふち部分の色塗り。

塗装に使ったオイルステインは、塗った後に布でふき取ると、木目が見えてとってもオシャレな雰囲気になるのでオススメです。

さて!
ついに組み立てに入ります。

脚のパーツをクロスではめこみ、

下段の天板の真ん中にねじで固定するための穴をキリで開けます。

それを脚のパーツと合わせて、ねじをドライバーで固定。

その後、上の天板をはめ込み、4箇所をねじで固定。

そして完成です!!!!!

ブランド名の『ita-model』の文字もしっかり見えています。
なんてオシャレ^^

リビングのソファの前において、サイドテーブルとして使っています。

コーヒーを飲むモデルは娘。
カップの持ち方が子供っぽいw

塗装しても完成までは2時間かからなかったくらいだと思います。
キットOKの小学校なら、夏休みの工作としてもとってもオススメ。
色を塗ればオリジナリティも出せるし、なんといってもモノ自体がとてもしっかりしているので
実際作ったあとも、問題なく家具として使っていく事ができます。

我が家に、ナチュラルでかわいいテーブルが増えてとっても嬉しく思っています。

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です