深大寺の続き~鬼太郎茶屋へ

Pocket

深大寺に行ってきました

の続き。

 

実は深大寺に行ったのは、鬼太郎茶屋に行ってみたかったから。です。

 

 

「鬼太郎茶屋」はゲゲゲの鬼太郎の作者である水木しげるさんが

この調布に長く住んでいたことから「水木ワールド」を再現すべく作られたお茶屋さん。

 

深大寺門すぐのところにあります。

 

 

おなじみのこの2人が迎えてくれるので

すぐにわかりますよ(*´艸`*)

 

ここに来たくて、深大寺に来た!

と言いながら、蕎麦と食べ歩きでお腹いっぱいになってしまい

「鬼太郎茶屋でデザート」は無理でした(笑)

 

一階のグッズ売り場は

かわいい鬼太郎グッズやお土産がたくさん。

 

 

5歳の息子は、スーパーボールのガチャをやっていました。

 

 

中に目玉のオヤジが入ってるスーパーボール。

 

 

2階では、水木しげる先生の作品展示イベントが開かれていました。

 

これは2階へ続く階段の写真。

こんな小さな足跡が!

妖怪かな(笑)

 

中は撮影しませんでしたが、奥に行くと、窓から緑が見える素敵なデッキがあり

そこに、鬼太郎になれるカツラが!!!

 

そりゃ、被ってみるよねぇ!

 

 

おっと!

鬼太郎になれるちゃんちゃんこもありましたー!

 

着てみるよねぇ。

夫と娘。

 

そして、私と息子。

 

私のカツラ姿を見て娘と夫に

「友近の水谷千重子のモノマネにそっくり」

と言われました(´∀`*)ケラケラ

確かに似てる。

 

鬼太郎茶屋、結局なにも食べられずでしたが

楽しかったです。

 

 

深大寺、また違う季節に行ってみよう。

 

Pocket